ジョリパット

ジョリパット購入後の使用方法の解説

フランスで生まれた塗装材、デザイン性や耐久性に優れているため塗り替え回数が少ないなどの特徴を持っているのがジョリパットと呼ぶ塗装材です。耐久性に優れているため、定期的な塗り替えが必要な外壁材で選ぶ人が多いと言われています。また、外壁以外にもコンクリートブロックや室内のクロス壁の塗装材としても利用出来るため、リフォーム時に選ぶ人も少なくありません。水溶性の特性を持つため、水で薄めてからスプレーする方法で塗装が出来る、高い柔軟性や弾性の塗膜を形成するので、微細なひび割れを吸収するなどの特徴もあります。ちなみに、内装壁などで利用した時、通常の汚れであれば水拭き掃除できれいに落とせる、外壁などの場合は水圧をかけながらブラシでこすればきれいに落とせるなどのメンテナンス性能も高い塗装材です。

通販店を利用して購入する事も出来ます

ジョリパットを使って外壁や内装壁などのDIYにチャレンジする人も多くなっており、ホームセンターや塗装材を取り扱っている通販店などで買い求める事が出来ます。塗装材を選ぶ時には何色の塗料を使えば良いのか迷う人は多いと言えますが、色見本帳・パターン帳セットを利用する事で、塗料の色を選ぶ時にイメージに合うものを選択出来るメリットがあります。届いた塗装材はそのまま使う方法、水を入れて薄めて使う方法、砂と混ぜ合わせて利用する方法など、塗装を行う場所やデザインなどに応じて使い分けが出来ます。外壁などに使う時には最初に外壁の汚れをきれいに落とす作業が必須です。これは塗料を塗る際に、表面が凸凹しているとそのまま形成されてしまう、汚れが付いた状態で塗装を行うと塗膜が剥がれる恐れがあるなど耐久性を高めるための下地作りが重要です。

外壁塗装を行う時には表面の汚れをきれいにしてから下塗り

どのような塗料でも塗装を行う表面をきれいにしてから塗る事は塗装の基本になります。ジョリパットを購入した時には最初に下地調整、そして下塗り剤で塗装を行います。下塗り材は次に塗装する塗料と下地との接着剤の役割を持つもので、下塗り剤を使う事で外壁表面に塗料がしっかりと固定された状態になります。ジョリパットは一般塗料の100倍近い厚みを形成する塗料などの特徴を持っています。一般的な塗料の場合は3~4回の重ね塗りを行って塗膜を形成しますが、塗膜の厚みがあるので下塗り剤の次に1度の塗装だけで外壁塗装が出来るメリットを持っています。尚、外壁は自然からの攻撃を受ける部分、高耐久性の塗料でも寿命が必ず訪れます。この塗料の場合は10年から15年ほど経過するとひび割れが発生すると言われており、目で見える劣化が生じた時には塗り替えを行うタイミングになります。

ジョリパット

ジョリパットを購入したいと思ったらその購入方法の解説

住宅の外壁塗装は見栄えを良くする目的と同時に、耐久性が薄れた外壁を新築時と同じ状態に戻す大切な役割があります。日々太陽の紫外線が外壁に降り注ぐ、雨や風などの自然の猛威を受けているなどからも、外壁の劣化は常に進む事になります。そのままにしておくと、雨漏りの原因やカビの発生に繋がる、外壁の見栄えも悪くなるなど10年サイクルでの外壁塗装が推奨されています。外壁塗装の塗料には色々な種類がありますが、外壁がモルタル壁などの場合はジョリパットと呼ぶ塗料を利用する事が出来ます。外壁塗装と言うと塗装業者に依頼するケースが多いかと思われますが、DIYでも出来るなどからも塗料をホームセンターで選んで購入し、時間をかけて塗装に挑戦する人も少なくありません。

ジョリパットはフランスの塗装素材です

ジョリパットはモルタル壁の上から吹き付けて塗装を行うのが一般的で、耐火性や防火性などが優れているなどからも、塗装材料として注目を集めています。この塗装材料はフランスで誕生したもので、塗料と砂を混ぜ合せた砂壁状になっているのが特徴です。材料にはアクリル共重合樹脂が利用されており、一般的な塗料と比較すると100倍近い厚みを形成する事が出来ます。粘性が高い事からも、ローラーを使って塗装を行う事も可能で、コテやローラーなどで模様を作り出す事も可能ですし、水溶性の塗装剤などからも、水で薄めて吹き付けて塗装が出来るなど、ニーズに合う塗装リフォームが実現します。尚、塗装業者にお願いして塗装材として利用する以外にも、ネット通販を利用する方法で購入する事も可能になっています。

ネット通販を利用して入手する時のポイント

ジョリパットはホームセンターやネット通販を利用して入手が出来る塗装材です。ホームセンターなどで購入する時には色見本を直接見て、塗料の色を選ぶ事が出来ますが、ネット通販の場合は画面に表示される色見本を見て塗料の色を選ぶ必要があります。好みの色が見つかったとしても、塗装して見なければ分からないのが外壁塗装の難しさと言えましょう。しかしながら、塗料の色選びのポイントを掴んでおけば、後からもう少し濃い目の色が良かった、薄い方が良かったなどの後悔をせずに済みます。色見本を使う時には太陽の下で見る、室内のクロスの上で塗装を行う時には部屋の中を明るくした状態で、色見本を壁に押し当てるようにして選ぶのがコツです。尚、お店により価格が異なるため、通販店を利用する時には幾つかのお店を選び値段の比較を行うのがお勧めです。