ジョリパット

ジョリパットの特徴やメリットの解説

建築物に豊かな表情を与えることができる仕上材の1つにジョリパットがあります。施工技術としては古くからフランスで用いられていた方法であり、約40年前に国内の住宅関連企業によって導入されています。因みに商品名は、フランス語のjolie(ジョリー)(美しさ)と英語のputty(パテ)(建材)の造語であり、現在、高い知名度と人気を誇っています。ジョリパットには数多くの種類があります。導入された当時は塗り壁に使用されていたものの、現在では、吹付による仕上も多く行われています。非常に多くのカラーとデザインがあり、例えば、設計事務所の中にはデザイナーとコラボすることで独自のパターンを設ける場合もあります。クライアントにとっては非常に魅力的なテクスチャーの1つであり、外部・内部を問わず使用することができます。

どのようなメリットがある建材なのか

メリットは、ジョリパットが持つ特徴そのものとなります。まず、非常に色柄が豊富なことがあり、その数は、180以上のカラーと100以上のデザインを誇ります。施工では、主な仕上げ方法として、コテ仕上げ、吹付、ローラー引きが使用されていますが、熊手や竹箒といった従来の左官工法も用いられており、表情豊かな壁に仕上げることが可能となります。メリットにはデザイン性の他に、建築建材としての基本性能の高さがあります。注目すべきは、耐候性、可とう性、低汚染性、不燃性の全てにおいて高い性能も持つことがあり、例えば、外壁使用におけるメンテナンスは10年程度に1回の割合で済みます。また、シックハウスに対応できる素材になっており、商品としては有害物質ホルムアルデヒドの放散量が最も少ないF☆☆☆☆等級(フォースター)を取得しています。

採用する際に知っておきたいこと

ジョリパットの魅力は基本性能の高さはもちろんのこと、クライアントにとって最も大きな点としてはデザイン性の高さにあります。例えば住宅で同じカラーを用いたとしてもデザインを変えることで全く別の表情を現すことになり、高い満足感を得ることができます。一方、採用する場合には注意点があり、まず、耐汚染性の高さはあるものの汚れやすいことがあります。仕上げ面は凹凸が付くために汚れてしまうことがあり、特に、通気が悪い場所などでは、カビや苔の原因となるために小まめな確認が必要になります。注意点で最も大きな内容として、施工業者の選択があります。美しく仕上げるには塗装・左官を問わず、技術のある業者に依頼をすることが第一の条件になります。特に注意したいのはクラック(ヒビ割れ)があり、素材としては弾性変形には追随できるものの、下地処理をしっかり行わない場合には後で割れが生じる原因になります。