ジョリパット

気をつけたいジョリパット使用上の注意点の紹介

家のイメージをガラリと変えたい時には外装塗装が最も簡単な方法です。でも、どうせ塗り替えるのならオシャレで耐久性と安全性を備えた塗料を使いたいと思うのではないでしょうか。そんな時にはジョリパットがおすすめです。カラーバリエーションが豊富なためデザイン性が高く、耐久性・防火性・耐火性があり、カビにも強いという特性を持っています。その他にも遮音性や遮光性などの特徴があり、利用することで大きなメリットがあります。最近人気が高まってきており塗料も簡単に手に入ります。施工の手順は他の塗料を使う時と大きく変わるわけではありませんが、丈夫で仕上がりを良くするためには技術が必要になります。また、できるだけ長くきれいに利用するためにメンテナンスも大切です。

ジョリパットを使用して施工する時の注意点

施工は、ほこりやカビなどの壁の汚れを高圧洗浄機やブラシで落とすところから始めます。その後、下地調整材で表面を平にし、全体にシーラーを塗りつけてから再度下地調整材を塗り、養生シートで塗らない部分をカバーします。ここまでは他の塗料を使用した時と手順は変わりません。注意したいのはジョリパットを塗る作業です。作業はコテを利用して凹凸がでないように均一に塗りつけていきますが、サビが出ないように鉄以外のコテを利用することが大切です。1度塗り終えたら乾燥させてから仕上げ塗りをし、最後にコテやローラー、ハケなどを使って模様をつけて完成です。コテを使って壁を塗り上げるのは左官屋さんと同じですが、ハケでペンキを塗るのとは違ってかなりの熟練を要します。DIYは楽しいものですが、きれいに仕上げるためにはしっかり技術を持った職人がいる業者に依頼したほうが良いでしょう。また、施工時期によっては白樺現象といって水酸化ナトリウムの白い結晶が浮き出てくることがあります。寒い時期に施工すると白樺現象が出やすいので施工時期にも注意が必要です。

長くきれいに使うためのメンテナンスの注意点

ジョリパットはデザイン性が高く壁に模様をつけることができますが、凹凸の模様がある場合は汚れが付きやすいというデメリットがあります。平坦な外壁なら雨で洗い流される汚れも、溝の部分に汚れが蓄積してしまうために定期的な洗浄が必要です。ただし、壁を洗浄する時に高圧洗浄マシンは使わないほうが良いでしょう。強い圧力で放出された水が壁の内部に入り込んでしまうと、中から劣化してしまう恐れがあります。ブラシを使って手洗いするようにしましょう。また、いくら耐久性が高いといっても10年から15年の月日が経てばひび割れてくる可能性が高くなりますし、色あせてもくるでしょう。頻繁な塗り替えは他の素材ほど必要ありませんが、やはり定期的に塗替えをして耐久性や美しさを保つことも大切です。

ジョリパット

ジョリパット購入後の使用方法の解説

フランスで生まれた塗装材、デザイン性や耐久性に優れているため塗り替え回数が少ないなどの特徴を持っているのがジョリパットと呼ぶ塗装材です。耐久性に優れているため、定期的な塗り替えが必要な外壁材で選ぶ人が多いと言われています。また、外壁以外にもコンクリートブロックや室内のクロス壁の塗装材としても利用出来るため、リフォーム時に選ぶ人も少なくありません。水溶性の特性を持つため、水で薄めてからスプレーする方法で塗装が出来る、高い柔軟性や弾性の塗膜を形成するので、微細なひび割れを吸収するなどの特徴もあります。ちなみに、内装壁などで利用した時、通常の汚れであれば水拭き掃除できれいに落とせる、外壁などの場合は水圧をかけながらブラシでこすればきれいに落とせるなどのメンテナンス性能も高い塗装材です。

通販店を利用して購入する事も出来ます

ジョリパットを使って外壁や内装壁などのDIYにチャレンジする人も多くなっており、ホームセンターや塗装材を取り扱っている通販店などで買い求める事が出来ます。塗装材を選ぶ時には何色の塗料を使えば良いのか迷う人は多いと言えますが、色見本帳・パターン帳セットを利用する事で、塗料の色を選ぶ時にイメージに合うものを選択出来るメリットがあります。届いた塗装材はそのまま使う方法、水を入れて薄めて使う方法、砂と混ぜ合わせて利用する方法など、塗装を行う場所やデザインなどに応じて使い分けが出来ます。外壁などに使う時には最初に外壁の汚れをきれいに落とす作業が必須です。これは塗料を塗る際に、表面が凸凹しているとそのまま形成されてしまう、汚れが付いた状態で塗装を行うと塗膜が剥がれる恐れがあるなど耐久性を高めるための下地作りが重要です。

外壁塗装を行う時には表面の汚れをきれいにしてから下塗り

どのような塗料でも塗装を行う表面をきれいにしてから塗る事は塗装の基本になります。ジョリパットを購入した時には最初に下地調整、そして下塗り剤で塗装を行います。下塗り材は次に塗装する塗料と下地との接着剤の役割を持つもので、下塗り剤を使う事で外壁表面に塗料がしっかりと固定された状態になります。ジョリパットは一般塗料の100倍近い厚みを形成する塗料などの特徴を持っています。一般的な塗料の場合は3~4回の重ね塗りを行って塗膜を形成しますが、塗膜の厚みがあるので下塗り剤の次に1度の塗装だけで外壁塗装が出来るメリットを持っています。尚、外壁は自然からの攻撃を受ける部分、高耐久性の塗料でも寿命が必ず訪れます。この塗料の場合は10年から15年ほど経過するとひび割れが発生すると言われており、目で見える劣化が生じた時には塗り替えを行うタイミングになります。

ジョリパット

ジョリパットを購入したいと思ったらその購入方法の解説

住宅の外壁塗装は見栄えを良くする目的と同時に、耐久性が薄れた外壁を新築時と同じ状態に戻す大切な役割があります。日々太陽の紫外線が外壁に降り注ぐ、雨や風などの自然の猛威を受けているなどからも、外壁の劣化は常に進む事になります。そのままにしておくと、雨漏りの原因やカビの発生に繋がる、外壁の見栄えも悪くなるなど10年サイクルでの外壁塗装が推奨されています。外壁塗装の塗料には色々な種類がありますが、外壁がモルタル壁などの場合はジョリパットと呼ぶ塗料を利用する事が出来ます。外壁塗装と言うと塗装業者に依頼するケースが多いかと思われますが、DIYでも出来るなどからも塗料をホームセンターで選んで購入し、時間をかけて塗装に挑戦する人も少なくありません。

ジョリパットはフランスの塗装素材です

ジョリパットはモルタル壁の上から吹き付けて塗装を行うのが一般的で、耐火性や防火性などが優れているなどからも、塗装材料として注目を集めています。この塗装材料はフランスで誕生したもので、塗料と砂を混ぜ合せた砂壁状になっているのが特徴です。材料にはアクリル共重合樹脂が利用されており、一般的な塗料と比較すると100倍近い厚みを形成する事が出来ます。粘性が高い事からも、ローラーを使って塗装を行う事も可能で、コテやローラーなどで模様を作り出す事も可能ですし、水溶性の塗装剤などからも、水で薄めて吹き付けて塗装が出来るなど、ニーズに合う塗装リフォームが実現します。尚、塗装業者にお願いして塗装材として利用する以外にも、ネット通販を利用する方法で購入する事も可能になっています。

ネット通販を利用して入手する時のポイント

ジョリパットはホームセンターやネット通販を利用して入手が出来る塗装材です。ホームセンターなどで購入する時には色見本を直接見て、塗料の色を選ぶ事が出来ますが、ネット通販の場合は画面に表示される色見本を見て塗料の色を選ぶ必要があります。好みの色が見つかったとしても、塗装して見なければ分からないのが外壁塗装の難しさと言えましょう。しかしながら、塗料の色選びのポイントを掴んでおけば、後からもう少し濃い目の色が良かった、薄い方が良かったなどの後悔をせずに済みます。色見本を使う時には太陽の下で見る、室内のクロスの上で塗装を行う時には部屋の中を明るくした状態で、色見本を壁に押し当てるようにして選ぶのがコツです。尚、お店により価格が異なるため、通販店を利用する時には幾つかのお店を選び値段の比較を行うのがお勧めです。

ジョリパット

ジョリパットの特徴やメリットの解説

建築物に豊かな表情を与えることができる仕上材の1つにジョリパットがあります。施工技術としては古くからフランスで用いられていた方法であり、約40年前に国内の住宅関連企業によって導入されています。因みに商品名は、フランス語のjolie(ジョリー)(美しさ)と英語のputty(パテ)(建材)の造語であり、現在、高い知名度と人気を誇っています。ジョリパットには数多くの種類があります。導入された当時は塗り壁に使用されていたものの、現在では、吹付による仕上も多く行われています。非常に多くのカラーとデザインがあり、例えば、設計事務所の中にはデザイナーとコラボすることで独自のパターンを設ける場合もあります。クライアントにとっては非常に魅力的なテクスチャーの1つであり、外部・内部を問わず使用することができます。

どのようなメリットがある建材なのか

メリットは、ジョリパットが持つ特徴そのものとなります。まず、非常に色柄が豊富なことがあり、その数は、180以上のカラーと100以上のデザインを誇ります。施工では、主な仕上げ方法として、コテ仕上げ、吹付、ローラー引きが使用されていますが、熊手や竹箒といった従来の左官工法も用いられており、表情豊かな壁に仕上げることが可能となります。メリットにはデザイン性の他に、建築建材としての基本性能の高さがあります。注目すべきは、耐候性、可とう性、低汚染性、不燃性の全てにおいて高い性能も持つことがあり、例えば、外壁使用におけるメンテナンスは10年程度に1回の割合で済みます。また、シックハウスに対応できる素材になっており、商品としては有害物質ホルムアルデヒドの放散量が最も少ないF☆☆☆☆等級(フォースター)を取得しています。

採用する際に知っておきたいこと

ジョリパットの魅力は基本性能の高さはもちろんのこと、クライアントにとって最も大きな点としてはデザイン性の高さにあります。例えば住宅で同じカラーを用いたとしてもデザインを変えることで全く別の表情を現すことになり、高い満足感を得ることができます。一方、採用する場合には注意点があり、まず、耐汚染性の高さはあるものの汚れやすいことがあります。仕上げ面は凹凸が付くために汚れてしまうことがあり、特に、通気が悪い場所などでは、カビや苔の原因となるために小まめな確認が必要になります。注意点で最も大きな内容として、施工業者の選択があります。美しく仕上げるには塗装・左官を問わず、技術のある業者に依頼をすることが第一の条件になります。特に注意したいのはクラック(ヒビ割れ)があり、素材としては弾性変形には追随できるものの、下地処理をしっかり行わない場合には後で割れが生じる原因になります。

ジョリパット

まずはジョリパットとはどういうものか基本から説明します

住宅の外装材といえば、金属系や窯業系のボード状のサイディングが多く見られます。様々な模様や色がラインアップされ、メーカーも数社あり毎年新しいデザインが登場します。組み合わせで、同じ家でも違った外観が楽しめるのが外装材の魅力ですが、規格品をただ張り付けていくので技術力はそれ程要しません。しかし、ジョリパットと呼ばれる壁材は職人の技量により大きく左右され、2つとして同じものが出来ないのが魅力です。完全に一品物で、左官職人により仕上げられる壁は手作り感がたっぷりで温かみがあります。また、色合いや質感を長時間保持する高い耐候性があり、メンテナンス費用が少なく済み経済的な素材です。カラーバリエーションも豊富で仕上げの方法も多種あり一味違う家をとなります。

注目のジョリパットの材料と特性とは

ジョリパットは耐火性や防火性が優れ安全性が高い材料です。左官職人による塗り付けや塗装職人による吹き付けによる施工で仕上げられます。元々は、フランスで生まれた塗装材料で塗料と砂を混合したもので、モルタルの壁を仕上げる為のものです。素材としては、アクリル共重合樹脂で水溶性となります。一般的な塗料と比べると約100倍の厚みに施工できるのが特徴で、高耐久性と高機能の大変優れた材料と言えます。施工は、左官職人であればコテやローラーで模様を形成し、あえてコテで均した跡を付ける事で独特の風合いを出します。吹き付けでは、水で少し薄め厚さを調整して予定する仕上げへと施工します。職人の技量と発想により大きく仕上がり状態が変わり、自由に表現が可能な材料で面白いです。

メリットもあるが注意したい事も

サイディングが張られた住宅が多いと言っても、確実に増え続けており塗り壁材としては国内シュアを圧倒的に占めています。人とは違う外観にしたいと考えている方は、選択するケースが多いようです。耐久性が優れているので、雨水による汚れの付着もしにくい性質があります。定期的に塗り替えが必要な外装材と比べれば経済的です。色褪せがしにくいのも大きな特徴のひとつです。厚めに塗り付けたり吹き付けを行い柔軟性と弾性がある材料特性から、下地の軽微なひび割れのヘアクラックも吸収して表面に出る事がありません。良い事ばかりですが注意点もあります。汚れを取る際には高圧洗浄を使用しない事です。何層にもかさなる様に施工されていますが、内部に水が入り劣化させてしまう危険があります。